小顔プラス(KogaO+) 嘘

MENU

小顔プラス(KogaO+)の効果は嘘?アゴのラインはシャープになる?

小顔プラス(KogaO+) 嘘

 

小顔プラス(KogaO+)の口コミが嘘なんじゃないかと思うので、実際に使ってみることにしました。

 

小顔プラス(KogaO+)はネット上でかなり高評価を得ている小顔用フェイシャルマスクです。

 

アフィリエイト目的のようなサイトも多いし、効果があるって体験談や口コミは嘘なんじゃないか?と疑っていました。

 

ただ、最近仕事が忙しいせいか、足だけじゃなく、顔のむくみも気になるようになりました。

 

今私は32歳なんですけど、20代の頃より明らかに顔が大きくなってる気が・・・

 

旦那からも「最近顔がむくんでんじゃない?」なんて言われてショックを受けていました。

 

そんな時に出会ったのが小顔プラス(KogaO+)です。

 

でも、口コミや体験談のブログなんかを見ても、ちょっと嘘くさいな〜、と思ってました。

 

そこで、実際に私が使ってみて、本当に小顔効果があるのかを検証ましたので、公表したいと思います。

 

 

◯小顔プラス(KogaO+)を実際に使った感想

 

小顔プラス(KogaO+)は公式サイトで申し込みました。
なぜなら一番安かったからです。
ネットではAmazonでも販売していますが、公式サイトよりも高かったですし、楽天やヤフーショッピングでは販売してませんでした。

 

というわけで、公式サイトから小顔プラス(KogaO+)を注文して、3日後、商品が届きました。

 

アゴ下から耳に引っ張る感じで装着します。
付けるだけで引き締められる感じがして、なんか効いてそう。

 

耳が引っ張られる感じもしますが、30分くらいですむのでガマンガマン。

 

私の感想としては、夏場とかに使うとおすすめです。
なぜなら、付けるとヒンヤリするからです。

 

初日、30分付けて外してみると、ちょっとアゴのラインがシャープになった気が。

 

この日も結構顔がむくんでいたので、そのむくみは取れた感じですね。
1回使っただけでも効果を実感することはできました。

 

ただ、むくみが取れただけで、次の日はまたむくんで同じことになっちゃったんですが。

 

根本的に小顔にするにはまだまだ時間が必要かもです。

 

 

◯小顔プラス(KogaO+)を使って1ヶ月

 

小顔プラス(KogaO+)を1ヶ月使い続けてます。
使う頻度としては、朝と夜の2回、30分を目安に付けてます。

 

朝は朝食を取りながら、夜は寝る前のリラックスタイム中に小顔プラス(KogaO+)を付けてます。

 

効果としては、最初とあんまり変わってないです。
付けた直後はむくみは取れますが、次の日、仕事が終わるとまたむくんじゃう感じで。

 

小顔になれました!とは言えない効果です。

 

 

◯小顔プラス(KogaO+)を使って4ヶ月

 

4ヶ月経過しました。

 

公式サイトは最安値なんですが、7枚セットを4回送ってくるので、4〜5日で1枚使って4ヶ月間使い続けました。

 

この頃になると、顔がむくむこと自体少なくなった感じがしています。

 

そして、明らかにアゴのラインが以前よりもくっきりするようになって、「小顔になってるのかも。」と実感しています。

 

ただ、本当に顔が小さくなったかは分かりません。
なぜなら、顔のサイズを測ってたわけじゃないので。

 

小顔プラス(KogaO+)を使う前は、効果をあまり信用してなくて、本当に効くなんて思ってなかったんですよね。

 

でも、4ヶ月も使ってみたら、以前よりもアゴのラインがスッキリして、小顔になった気がしてます。(あくまでも自分の感想ですが。)

 

実際に顔のサイズを測っておけばよかったな、と後悔しています。

 

 

◯小顔プラス(KogaO+)の口コミの嘘はコレ!

 

実際、小顔プラス(KogaO+)の口コミを見ていると、嘘でしょ?!と思うものがあります。

 

それは、

 

・短期間で小顔になった!
・使い方に関係なく効果を実感した!

 

というものです。

 

小顔プラス(KogaO+)は使ってすぐにむくみを取ることはできますが、1ヶ月くらいでは小顔になるまでの効果はありませんでした。

 

小顔プラス(KogaO+)は顔のリンパの流れを改善して、老廃物を除去し、顔を引き締めることで小顔を実現します。
そのため、むくみは取れても、使ってすぐに小顔になることはありません。

 

私の経験では小顔を実感するまでには3〜4ヶ月はかかりましたし、他の人の口コミを見ても、3ヶ月以上は皆さん使ってました。

 

また、小顔プラス(KogaO+)の正しい使い方は、

 

・朝と夜の2回
・1回30分は装着
・アゴ下のお肉を引っ張るようにして付ける

 

といった使い方が必須です。

 

どんな付け方をしても効果があるとか、数日に1回使えば十分とか、こういった口コミは嘘だと思います。

 

確かに効果に個人差はありますが、正しい使い方をしなくても効果があるとは言い切れません。

 

 

小顔プラス(KogaO+)は継続的に、正しい使い方で使用しましょう。

 

 

小顔プラスの口コミを検証

小顔プラス(KogaO+) 嘘

 

美肌を手中に収めるためにはスキンケアに努めるだけに限らず、睡眠不足や野菜不足といったライフスタイルにおけるマイナス要素を一掃することが求められます。

敏感肌の人は熱めのお湯に身体を沈めるのは止め、ぬるめのお湯に入るようにしてください。皮脂が全部溶出してしまうため、乾燥肌が深刻化してしまいます。

紫外線対策を実施したいなら、日焼け止めをこまめに塗り直すことが肝要です。化粧をした上からでも使うことが可能な噴霧仕様の日焼け止めで、シミができるのを未然に防ぎましょう。

年を取れば、しわであったりたるみを避けることはできませんが、お手入れを意識して施しさえすれば、絶対に老け込むのを引き伸ばすことが可能だと言えます。

紫外線の中にいると、肌を防護するために脳はメラニン色素を作るように働きかけるとされています。シミを回避したいのであれば、紫外線を遠ざけるようにすることです。


お肌を無造作に擦ると、肌荒れなどの肌トラブルを誘発します。ボディソープと言いますのは、強めにこすらなくても肌の汚れを除去することが可能ですので、とにかく思い遣りの気持ちをもって洗うように留意してください。

しわを阻止するには、表情筋のトレーニングが有効です。中でも顔ヨガはたるみやしわを目立たなくする効果があるとのことなので、朝晩チャレンジして効果を確かめてみましょう。

「バランスに気を配った食事、深い睡眠、効果的な運動の3要素を心掛けたのに肌荒れが良い方向に向かわない」と言われる方は、栄養剤などで肌に欠かせない養分を補いましょう。

顔ヨガにより表情筋を発達させれば、年齢肌についてのフラストレーションも克服できます。血流が促されることで乾燥肌対策にもなり、しわだったりシミにも有効です。

肌が乾燥状態になりますと、毛穴が拡張したりかさついたりします。そしてそのせいで皮脂が異常に分泌されます。またたるみであるとかしわの最大原因にもなってしまうのです。


肌が乾燥するとバリア機能が減退するので、肌荒れに繋がります。化粧水とか乳液を用いて保湿に努めることは、敏感肌対策としても大切だと考えます。

スキンケアをやっても改善しない見栄えの悪いニキビ跡は、美容皮膚科でケアするべきでしょう。全額自己負担ということになりますが、効果は期待できます。

毛穴の黒ずみを洗浄したのみでは、そのうち汚れであったり皮脂などが詰まって同じことを反復することになります。だから、併せて毛穴を縮めることを意図するお手入れを実施することが大切になってきます。

乾燥肌に苦しんでいる人の比率につきましては、年齢を重ねれば重ねるほど高くなることが知られています。肌のかさつきで苦悩するという方は、時節であったり年齢を考えて保湿力の高い化粧水を利用したいものです。

ナイロン製のスポンジを使って必死に肌を擦れば、汚れを取ることができるように感じますが、それは勘違いです。ボディソープで泡を立てたら、力を入れず手で撫でるように洗うことが大切になります。

 

 

小顔になるための体操

小顔プラス(KogaO+) 嘘

 

スキンケアに勤しむときに、「生まれつきオイリー肌だから」と保湿に手を抜くのは厳禁です。はっきり言って乾燥が元で皮脂が過度に分泌されることがあるためです。

肌荒れで苦しんでいる人は、習慣的に塗っている化粧品が適していないのかもしれないです。敏感肌専用の低刺激な化粧品を利用してみることをおすすめします。

洗顔の終了後水気を拭くといった場合に、タオルなどで力いっぱい擦ったりすると、しわを招く結果となります。肌を押すようにして、タオルに水気を吸い取らせることが大切です。

毛穴の黒ずみを消し去ったのみでは、そのうち汚れや皮脂などが詰まって同じことを反復することになります。因って、並行して毛穴を縮めるためのアプローチを行いましょう。

毛穴パックをすれば、鼻の毛穴に多く見られる黒ずみをなくすことが可能ですが、お肌に掛かる負荷が大きいため、安全・安心な手法だと言うことはできません。


顔ヨガに励んで表情筋を発達させれば、年齢肌についての苦痛も解決することができます。血液循環がスムーズになることで乾燥肌対策にもなり、しわやシミにも有益です。

潤いのある白っぽい肌は、短期間に形成されるわけではないと断言します。長期に亘って営々とスキンケアに精進することが美肌に直結すると言えます。

ニキビというものは顔の色んな部位にできます。ただそのケア方法は変わるものではありません。スキンケア並びに睡眠&食生活で改善できます。

暑いシーズンになれば紫外線を気にする方が目立ちますが、美白になりたいなら夏だったり春の紫外線が尋常でないようなシーズンは当たり前として、年間を通しての紫外線対策が大切になってきます。

ナイロン製のスポンジを使って必死に肌を擦れば、汚れが落ちるように感じるでしょうけれど、それは間違いだとお知りおきください。ボディソープで泡をこしらえたら、柔らかく左右の手の平で撫でるように洗うことが大切です。


「冷っとくる感覚がたまらなく好きから」とか、「雑菌の増殖が防げるから」と、化粧水を冷蔵庫に収納する人がいると聞きますが、乾燥肌をより悪化させますからやってはいけません。

美肌を目指しているなら、不可欠なのは食生活・スキンケア・睡眠の3つだとされています。透明感のある美白肌を自分のものにしたいなら、この3つを並行して改善しましょう。

シミが現れる誘因は、あなたの暮らし方にあることを自覚しましょう。庭の木々に水を撒く時とかゴミ出しをする際に、図らずも浴びている紫外線がダメージをもたらします。

ヨガと言ったら、「痩身や老廃物除去に有効性が高い」と評価されていますが、血液循環を良くすることは美肌作りにも役立ちます。

プチプラな化粧品の中にも、有効な商品は豊富にあります。スキンケアをする際に肝要なのは高い金額の化粧品をほんのちょっとずつ使うのではなく、豊富な水分で保湿してあげることに違いありません。